「塗り替えの時期はいつ頃」というのをお客様よりご質問いただくことが多いので、外壁においての簡単な目安をご紹介したいと思います。

クラック

実際に目で見てわかるのがクラックと呼ばれる現象で、外壁の塗装面にヒビ割れが生じていることがあります。
ヒビがあるとそこから雨水が侵入し、外壁の下地を傷める原因なり大幅な改修工事が必要となる場合があります。

また、ひどい時には家の構造自体を傷める原因となり、さらに大きな工事になってしまうこともあります。早期であれば外壁の塗り直しで済む場合がございますので、クラック(ヒビ)の大小にかかわらず、こういった現象が見られましたらすぐにご連絡ください。


サイディング

目地や窓まわりのシーリングに亀裂が見られる。ひどい時には剥がれが起こります。もともと使用されている材料にもよりますが、こういった現象が起きた場合、塗装面にも影響が出て下地を傷めていく原因となります。


チョーキング

手で触ってわかるのが「チョーキング」と呼ばれる現象で、外壁を指で撫でると粉がついてくることがあり、この現象のことを言います。

チョーキングの場合、ヒビが入っているのとは違いすぐに雨水などの侵入を許すわけではありませんが、外壁塗装の表面劣化が始まっていることを示しています。

もともとの塗料の種類・立地条件やその年の天候などによって劣化の進行具合は異なりますが、劣化が進むと先ほどのクラックや剥がれなどといった現象が行ってきますので、早めの対策が必要となります。塗り替え時期をいつ頃にするかなどご相談に応じさせていただいております。


目の見える範囲でこういった現象が見られなくても死角となる部分は見落としがちです。また、屋根など普段は見ることのできない部分もあります。
「うちは築◯◯年だから気になる」「昨年、雨が多かったのでどうなっているのか心配」など、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現地調査・見積もりは無料で行っております。