こんにちは!
塗装業者のY.M PAINTです。
今回は屋根の中塗り(1回目)について写真付きでご紹介します。

中塗りとは、上塗りと下塗りのちょうど中間にあたる作業です。
基本的には上塗りの補強のために行うもので、これを行うことで厚みを塗膜に持たせられるので、塗料の機能をより長くすることができます。

今回、中塗りを行ったのはセメント瓦です。
最後は吹き付け塗装で仕上げていきます。

吹き付け塗装についても少しご紹介しましょう。
セメント瓦のような重厚感あるデザインのものにぴったりなのがこの塗装方法です。
手塗りでは出せない質感を演出することができるのです。
しかし、スプレーを使って行うので、周りに汚したくないものがある場合は注意が必要になります。

それでは、写真をご覧ください。


弊社では、あらゆる塗装、コーティング、防水施工に関するご相談をお待ちしております。
ぜひお電話かお問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

また、他の施工事例や弊社の業務内容をご覧になりたい方は、ぜひ以下のリンクからトップページにアクセスしてください。

ここまでお読みくださりありがとうございました。


ぜひ下記ページより色々なコンテンツをご覧ください。
三木市の外壁塗装業者Y.M PAINT(ワイエムペイント)
【所在地】

〒673-0552
兵庫県三木市志染町中自由が丘3-142